2017/11/18(土) 長文:実家行って独りで2軒飲み歩き

2017/11/18(土) 

朝から軽い二日酔い。ゆっくりしていると、親父の掛り付けの病院から
「お父様が来院しません。」との連絡。
確かに土曜日は病院に行く予定であった。
独りで行って扱けたのか?など不安が混みあがって来る。
実家に電話すると親父が電話に出た。
親父「雨で独りでは病院に行けない。ヘルパーさんからは何も聞いていない」との事。
私「今から実家にクルマで行くのでどこにも行かずに病院に行く用意をして待っていて下さい」
と告げて、実家へ行く準備。元々今日は実家のお風呂の扉など、介護リフォームの工事で
実家へ行く予定でした。
11時前に自宅を出発、11時20分に実家に到着。親父をピックアップして病院へ。
途中ヘルパーさんから電話が入り、
「雨なので薬のみ受取りと想い、診察券とお金を預かって来院している。お待ちしています。」
との事。親父は何の事か把握できていない様子。ヘルパーさんが勝手にそんな事をする事はないのに…

病院に入って、胃腸炎の診断。「現在は特に問題はない。」との事。
先生や看護師に私の入院と手術の事を伝えた。反応は「ショートステイなども考えて対応が必要ですね」
介護認定を上げる事を考える必要があるかも…との事でした。

ヘルパーさんに処方して頂いた薬の受取りをお願いし、
親父を一旦実家へ連れて帰りました。
その後、ヘルパーさんが薬とお釣りを持って来てくれました。
お釣りは親父が受取り、薬はヘルパーさんが持って帰ってくれました。

ヘルパーさんと再度、私の入院と手術の話、ケアマネージャさんに3者懇談を12/16(土)で
依頼している事を伝えました。

その後、親父と昼食を採りました。午後から雨は上がりました。

14時にサッシ業者が来訪。お風呂の扉を折れ度に交換。約二時間の工事。
その間に親父が電動自転車に乗って買い物へ。帰宅が15時半。
何に時間が掛かったのか親父が語り出す。
・昭和町のライフで買い物をして電動自転車の前籠にいれた。
・走りだそうとするとハンドルがふらついて走れない。
・仕方無く押して帰って来た。
・行きはちゃんと乗れたのに…との事。
買い物の内訳は次の通り
・うどん(出し、うどん、アゲさんのパック)4つ
・太巻き2本
これでハンドルがふらつく?
どれだけ運動能力が落ちていることか… ホンマかいな?

16時前にお風呂の扉工事が終わり、職人参加説明や注意を受ける。
・コーキング剤が乾くまで扉付近に水は掛けないで下さい。
との事で、明日の夜までお風呂は使わないように親父と話をする。

職人さんが片付け中に親父が「コーキングを触ってしまった!」との申告。
どうもお風呂を独りで見て、敷居を跨ぐ際にドア枠を握った様子。
指の跡と握った際に他の部分に皺が出来ていた。
職人さんが再度、上からコーキングを打ち直して対応して頂いた。
悪気が無いにしても邪魔ばかりする…マジで子供と同じですね。

その後、別の職人さんが来て、お風呂場の手摺を設置してくれました。
これが先程あればコーキングを触らずに済んだのに…

手摺取付工事の間に夕方のヘルパーさんは来訪。
夕食がまだなので、薬を受取り「私が飲ませます」との対応。
ヘルパーさんはフレンドリーな方で親父に話しかけても
親父言葉少ない対応。「板金さん、どうしたん?元気ないやん。いつもと調子が違うで。」
私が「多分、私が居るから変な事を言えないのでしょう」
ヘルパー「そうなんや、ほんなら今日は息子さんもいるから帰るね」って帰られました。
親父は先程のコーキングの件と私が居るので話し辛かったのでしょう。
ヘルパーさんに見透かされてこちらも跋が悪い感じです。

5時半には手摺取付が終わり、写真の撮影、各書類の確認、費用の精算をしました。
領収書は後日、私の方に送って頂くことで、この日は終了。

親父と夕食を共にしました。親父は宅配弁当。私は親父か買ってくれた太巻き。
親父とは11/16(水)を境にして
今まで来ていた事で、出来なくなった事をメモって欲しいと依頼して実家を後にしました。
出来るかな?

愛車を自宅に戻して、大集合に行ってビールを頂きました。
二時間居て、AZEちゃんに挨拶してお店を出ました。

その後、都島のマリアへ行って今日のせつない話をしました。
お客さんの出張のお土産、ご相伴に預かりました。
どれも、とても美味しかったです。
途中、こめかみ当たりで頭痛が発生。
あまりの痛さに帰宅しました。これはヤバい兆候なのでしょうか?
画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック