ITA日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017/05/02(火) 親父のCT検査に同行しました。

<<   作成日時 : 2017/05/04 08:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/02(火) 親父のCT検査に同行しました。

朝から愛車を駆り出して、親父を迎えに行きました。
実家の上の前に愛車を止めますが、道が狭く、とうとう
脱輪をさせてホイールを傷付けました。
ショックです。タイヤは大丈夫でした。
自分の運転ミスのくせに、病院に一緒行かなければ
愛車にも乗らず、ホイールに傷を入れることもなかった!
なんて考え方をしてしまいます。

朝のこの一件が親父へ辛く当たってしまいました。
更に親父に悲劇がこの後待ってました。

9:20には鉄道病院に到着。
受付で紹介状の提出を求められ、親父に聴くと
「知らん、貰ってない。」
私「分かった、確認します。」と親父の掛り付けの病院に電話。
私「○○です。今、父と鉄道病院に来ています。受付で紹介状の提出を
求められていますが、父は受け取っていないと言っています。」
病「前日に資料を息子さんと確認するように伝えたので…」
私「申し訳ないですが、先ほど父と会ったばかりで前日に電話していません。」
病「お父様は朝食を抜いていますか?」
私「はい、それは確認しています。」
病「食事を抜いていれば検査は可能です。その旨、検査課の人に申し出て下さい」
との事で、受付に状況を説明し、検査課へ。
検査課でも同じ説明をし、掛り付けの病院に直接電話して頂きました。
問診票はFAXしてもらいました。
更に問診があり、親父と同席。
そのまま親父は検査に入りました。

検査終了後、検査課の医師から
「紹介状を探して持って来て頂きたい。紹介状からは
掛かり付けの医師から検査のPointや見て欲しい箇所に
ついて記載があり、それに沿って我々が報告書を書きます。
報告書は後日○○先生に我々から送ります」
私「家に戻って探します。」
医「本日中にお願いします。では、CD−Rを受け取ってお帰り下さい。」
会計を済ませて、CD−Rを受け取り1、時刻は10;30でした。

そのまま、掛かり付けの病院に電話し、今後の事を相談。
病「今から持って来て頂ければ、すぐに見ます。」
私「直ぐに、持って行きます。」
って事で、そのまま移動。

元々は昨日の定期検査のエコーで胆のうに何かある模様が発覚。
親父は2年ほど前に胆管結石で体調を崩したことがあり、兆候との疑い。
その経緯と今回のCT映像で胆のうに泥もしくは結石一歩手前の状態の
モノがある事は確認できた。
親父は医師にはこのところ、体調が思わしくないと医師には言ってました。
医師はこれが原因だと思う。早い目に対応すれば問題ない。
治療については鉄道病院の先生と連携して決めたい。
ついては5/8(月)に親父と一緒に来院して欲しい。との事。
5/8(月)は夜に伺う事を決めて診察室を退室。

お会計の時に、紹介状は封書で父に渡して頂いたのかを確認。
そこには驚きの回答が…
病「いいえ、今回は前回と同じところなの撮影で紹介状はありません。問診票のみです。」
私「鉄道病院の検査の医師から『紹介状を持って来てくれ』と言われている。
理由は『紹介状からは検査のPointや見て欲しい箇所に
ついて記載があり、それが無いと報告書が書けない。」と言われてます。」
病「うぅ〜〜〜ん。判りました。先生に直接、電話して頂きます。」

うぅ〜〜〜また、親父にきつく当たってしまった!
親父の言ってた事は正しかったのです。
・紹介状は貰っていない。(事実でした。)
・問診票は家に忘れた。(後で見つけました。)
もっと親父の言う事を聞いてあげないとダメですね。
萎縮してますよね。
まぁ次回からは私から掛かり付けの病院に連絡して
段取りの確認するようにします。

胆のうが悪いって親父と昼食にラーメンと焼豚丼のセットを頂きました。
(胆のうが悪い方は動物性脂肪や乳製品の接種はダメなのですよね。)
更に親父にご馳走になりました。
親父はニコニコしながら「ここのラーメン旨いな!」って
なんだか心が痛い美味しさでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017/05/02(火) 親父のCT検査に同行しました。 ITA日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる